理事長ブログ

BLOG

  • いい日旅立ち

    今年も中学2年生が10/412, 9日間の日程で修学旅行に行きました。

    昨年からアイルランドへの旅が新しい取り組みとして実施されています。

    ダブリンから少し離れたキルケニーという町のセントブリッジスカレッジが麹町学園との提携先です。

    これに先立ち、学校の代表が、麹町学園から徒歩3分のところにあるアイルランド大使館を訪問して新たに着任された駐日アイルランド大使にご挨拶に行きました。

    カヴァナ大使はかつて国連の代表として東京に2年駐在されたこともある親日家です。

    その場で「では、麹町学園の生徒たちにアイルランドの話をしに行きましょう」ということになりました。

    大使は過密な日程を調整して、修学旅行出発の前日に来校してくださり、7階のスカイスタジオで約30分お話をして下さいました。

    坂本副理事長の通訳で“大使とは”というお話もわかり易くしてくださいました。

    民間との交流もありますが、国と国をつなぐ公式の窓口として、天皇陛下に信任状を提出してから正式に大使として活動するという手続きのことも丁寧にお話しされました。

    また、世界にはアイルランド系の移民をルーツにしている人達が多くの国にいることなども話されました。

    そういえば私が駐在していたニューヨークには警察官、消防士など、アイルランド系の人達が多かったことを思いだしました。

    大使は生徒たちに「アイルランドに行ったら、ともかくなんでもいろいろと質問してください。アイルランドの人達はとても親切で丁寧に応じてくれますよ“」と力強く励ましてくださいました。

    また「このような機会を与えてくださった家の方への感謝を忘れないように。戻ってきたら、お土産話を聞かせてもらうのをとても楽しみにしていますよ」としめくくられました。

    温かく優しいお人柄がうかがえたセッションでした。

    生徒達は翌日の旅立ちに期待の気持ち一杯で目を輝かせながら、大使のお話に聞き入っていました。

    最後に生徒代表が英語で大使にメッセージをよみあげ、それを大使も微笑みながら受けてくださいました。

    翌日に中学2年の生徒たちはドバイ経由でアイルランドに旅立ってゆきました。

    この2年間、麹町学園では英語の音声活動などにより、英検合格率のめざましい向上が見られます。

    アイルランドでも多くの貴重な経験をして元気に帰国してくれることでしょう。

    私もみなさんのお土産話をきくのを楽しみにしています。

     

  • 「おかえりなさい!ホームカミングデー」

    7月14日土曜日に私が発した第一声です。

     

    今春の卒業式に“いってらっしゃい”と送り出した卒業生達も

    また数十年前に卒業された大先輩たちも麹町学園に帰ってきました。

    当日は退職された先生方もお迎えし、アリーナのいたるところで、恩師や、卒業生同志の会話に華が咲いたのでした。

     

    今年度始めに、校長の発案でホームカミングデーのイベントをすることを決めました。

    短期間の準備となりどれくらい集まれるかなと心配しましたが、出席者は百数十人という規模になったことはとてもうれしかったです。

    卒業生の有志が実行委員となり、同窓会の皆さん、中には学園の教員となっている卒業生もいて企画とみなさんへのご案内のご協力をしてくださったおかげです。

    何と言っても感激したのは、フィナーレ!

    いろいろな世代のOGの皆さんが揃って”コキリコ“の踊りをしたことです。

     

    コキリコは毎年行われる体育祭の時に、高校三年生が踊る麹町学園特有の踊りで60年以上前からの伝統の踊りなのです。

    毎年、体育祭の当日に向けて、体育の授業で熱心に練習をするのですが、卒業生1人1人にとってはまさに学園の思い出そのもので、この日も振付を思い出しながら皆さんが踊っている姿を見て、私は改めて麹町学園の歴史の重み、絆の深さに感激しました。

     

    今回は初めての企画で告知が行き渡らなかったかもしれません。来年以降はできる限りたくさんの卒業生に連絡をとれるようにしたいです。

    そして楽しいイベントとして、学園の新しい1ページになることと期待しています。

     

    猛暑が続きます。

    水分と塩分補給を忘れず、夏の思い出たくさん作ってください!

     

  • 3つの約束

    4/14/3富士五湖の一つである西湖のほとりにあるホテルでイングリッシュキャンプが行われました。

    文字通り英語で過ごす3日間のキャンプは昨年度より

    本校の英語科特別顧問の安河内哲也先生の発案で実施していて、今年は、昨年に引き続き2回目となります。

     ホテルは対岸の遠くに雪を頂いた名峰、富士山が見えるという素晴らしい環境のもとにあります。

    新中2から新高3までの生徒60数人が参加。

    新たに麹町学園に迎えた英語科の先生達もご指導に加わっていただき英検の各級ごとのクラス編成でひたすら英語漬けの日程で、賑やかなイベントとなりました。

    キャンプには安河内先生もフルに参加されて総合的なご指導をいただきました。

     

    先生のご指導で進めてきた音声活動による“使える英語を、

    より実用的な英語教育の取り組み”が麹町学園の生徒たちの英検合格率アップという結果につながっているのを見て、今後をますます期待しています。

    ところで私は1日に差し入れをもってホテルを訪れました。

    私の生まれ育った鎌倉の鳩サブレ―(PIGEON COOKIEと言いましたが)を届けたのです。

    開校式で私は参加した生徒たちに三つの約束をしてねと英語で話しかけました。

    一つ目はこのキャンプを存分に楽しんで英語が好きになること

    二つ目は兎も角声をだして英語を口にすること

    三つ目は家に戻ったらまず最初に”英語で“家族に「ただいま、有難う」ということ。

    参加した先生からの報告では一つ目と二つ目の約束は守ってくれたとのことでした。

    三つ目はご家庭でどうだったかご家族にお聞きしてみたいものです。

    麹町学園では新年度を迎えて、学習、そして課外活動にも力強い手ごたえを感じています。

    健康第一ですね。

     

  • Bon Voyage!

    AFS留学生スロベニアからやってきたVIKIが麴町学園での約9か月の学園生活を終えて帰国の途につきます。

    高校1学年の東洋大学グローバル(TUG)コースの梅組に入っていました。

    部活動ではバレー部、また課外では筝曲をと言う希望でレッスンをうけたり、すべてに積極的な姿勢が見られました。

    一般的に欧州の人達は母国語以外にも複数の言葉を身につけることが多いのですが,VIKIはスロベニア語以外にも、スペイン語も話せますし英語についてはネイテイブと思われるような実力の持ち主で、英語の授業では、クラスメートに発音など教えるほどでした。

    短期間で日本語会話もかなり上達し、語学に対する天性の持ち主という印象を覚えたのでした。

    29日にインターナショナル・ラウンジ(I-LOUNGE)でVIKIを囲んでさよならパーテイ―がありました。

    最近設置されたカラオケのセットでかわるがわる”英語の歌“を歌って盛り上がりました。

    このカラオケセットは「外国語は歌で覚えるのも有効だ」との私の思いもあって導入されたので、I―LOUNGEでは、生徒たちは”英語の歌”しか選曲できないルールとなっています。

    やがて先生たちも登場して盛り上がりました。

    生徒の中には、発音もしっかりしていて音程の確かな歌い手がいて頼もしく思いました。

    2018/ 1/29 15:53

    31日がVIKIにとって最後のホームルームだったので、私は送る言葉を伝えに行きました。

    麹町学園での経験は代えがたいもの、生涯の財産です。麹町のファミリーの一人としてあなたは母国の空に位置する麹町サテライトです

    と結びの言葉としました。

    VIKIのこれからの活躍を皆で祈っています。

    BON VOYAGE!