教育の特色

こうじまちの英語教育

スペリング・コンテスト/ボキャブラリー・テスト

 英語は、読むだけでなく正しく「書く」ことが、力を伸ばす上で重要になります。麹町学園女子中学校では年に2回「スペリング・コンテスト」を実施しており、英語を正しく綴る(つづる)力を身につけることを奨励しています。生徒たちは週1回の小テストを積み重ねながら、コンテストで良い成績を修めることを目標にして、大学受験にも対応できる語彙力を身につけていきます。80%以上のスコアを出した生徒は成績上位者として表彰されます。
 高等部においては「ボキャブラリー・テスト」と名称が変更され、内容も「正しく綴り(つづり)が書ける単語」と「読んで意味が分かる単語」の両方をテストするものへと変わりますが、英語力の土台となる語彙力を養うという目的は変わりません。

レシテーション大会

 「レシテーション大会」は、与えられた課題英文の暗唱を競うもので、中学1年~高校2年の間、毎年1回実施されます。本大会に出場する代表者を各クラスから2名選出しますが、予選会には全員が参加します。課題文を暗唱できるまで何度も読む練習を通じて、多くの英文のパターンを身につけることができます。
 本選では、クラスの代表者が暗唱する姿を、同じクラスの生徒たちは手に汗握りながら見守ります。自分のクラスから表彰者(各学年3位まで)が出たときは、自分のことのように拍手喝采し喜びを分かち合います。

ブリティッシュヒルズ語学研修

 ブリティッシュヒルズというのは、1994年に設立された英語研修施設のことです。その設立は、「語学を志す学生たちに留学やホー ムステイプログラムを勧めたいところだが、経済的な理由から参加できない多くの生徒たちに、日本において英国留学と同じような体験ができる『パスポートのいらない英国』を構想した」ことに基づいています。「英国」の再現にこだわった研修施設は、広大な敷地にマナーハウス(荘園領主の館)を中心に民家やパブ、雑貨店や茶館、庭園や池を点在させ中世英国の“町”を再現しています。
 本校では、冬季休業中に中学2年生から高校2年生までの生徒を対象に、この英語研修施設での語学研修を実施しています。参加は希望制ですが、参加生徒の英語力には幅がありますから、生徒の英語力の差を考慮して研修コースを2種類用意し、生徒それぞれの英語力に応じて語学研修が進められるようプログラムを作成しています。
 英連邦出身の先生によって展開される授業は、その授業時間の長さをまったく感じることなく、充実した英語研修の時間が流れていきます。また授業 後は休み時間を利用して英語課題に取り組んだり、先生を中心になにげない日常会話をしたりと、ゆったりした時間が流れていきます。
 以下は中級コースに参加した生徒の感想です。
「参加した生徒たちは、皆意欲的に英語で話したり、質問などをしていて、いい刺激となりました。最終日、何度も修正し練習したスピーチの発表をしました。夢をテーマにそれぞれ個性溢れる素晴らしいプレゼンテーションでした。先生から講評を頂き、全てのプログラムが終わりました。帰りのバスに乗る際は、帰りたくない、まだいた~い、などの声がたくさんあがり、たった三日間でしたが、ネイティブの先生方との別れを惜しみました。
中2の時から行けばよかったなぁ、と今では思っています。英語のみで生活することに抵抗を感じていましたが、日本語で話すより楽しく、海外へ飛び出してみたい!と、思うようになりました。これを現実にする為にも日々努力を積み重ねていきたいです。」

ニュージーランド語学研修

 本校では、中学3年生から高校2年生までの希望者を対象に、夏休みに海外での語学研修を行っています。ニュージーランドの首都ウェリントンにて2週間を過ごします。
 日本は夏でも、南半球では冬にあたり、休業中ではないために現地での通常の学校生活を体験することができます。日本との時差が3時間であるという点も、ニュージーランドで語学研修を行うメリットの一つです。
 2週間という期間を「英語漬け」にすることに加え、参加者は日本というホームグラウンドを離れて生活しなければなりません。気候も言語も文化も違う場所で生活しなければならない経験は、彼女たちを精神的に逞しくすると同時に、自分たちの普段の環境がどれだけ恵まれているかを認識することにもなります。
 研修を終えた参加者は一様に「もっと英語を勉強したい」「もっと自国のことを理解しなくては」という気持ちを持つようになります。

ニュージーランド留学スリーマンスコース

 平成26年度から新たに実施する3ヶ月の留学です。ニュージーランドの学校は4学期制ですが、その第3学期に現地の提携校に通学します。原則その学校の生徒の家庭でホームステイをして、英語漬けの毎日を送り、英語力向上はもとより文化・風習など現地の方々との交流を通して学んできます。また、7月~9月まで派遣になるので、学業への負担も少なく、参加できることも魅力の一つです。

AFS指定校プログラムについて

 本校はAFS協会(高校生留学実施団体)の指定校です(平成25年度)。本校に在学する生徒は、一定の条件を満たし学校からの推薦が受けられれば「指定校推薦」で受験することができます。派遣国のホストファミリーと生活をしながら、地域の高等学校に通学し、文化・社会への理解を深めることのできるプログラムです。

対象国 アメリカ、およびAFS協会指定の派遣強化国
対象学年 高校1、2年生
期間 10ヶ月

また、このほかにも、協会を通して日本語を学びに来る外国人の高校生の受け入れも行っています。本校で書道や茶道の体験を本校生徒と行い、交流を深めます。また、この他にも不定期で外国の高校の学校訪問やAFS高校生のセメスター受け入れ(半年)も行っています。

学年 中1 中2 中3 高1 高2 高3
スペリングコンテスト ボキャブラリーテスト
レシテーションコンテスト
ブリティッシュヒルズ
NZ語学研修
NZ3ヶ月留学