教育の特色

みらい科

 現在、世界では加速度的に技術革新が進んでいます。その時代の中心を生きていく現代の中高生には、めまぐるしく変わっていく時代の変遷に柔軟に対応していける能力や資質(コンピテンシー)が求められます。また、これから大きな変貌を遂げる社会に歩み出さざるをえない生徒たちには、それに立ち向かう恐怖を跳ね返すだけの強さ(レジリエンス)が必要になります。

 そこで、麹町学園オリジナルのキャリア教育を「みらい科」と呼び、自立した女性の育成をしています。そして、歴史がある「みらい科」を、この度、時代に即した形で全面改定しました。改定ポイントは2点あります。

change 1 「こうじまちコンピテンシー」の体得

 これからの社会で求められる能力を、麹町学園では 4つに分け、「つながる力(人間関係・社会形成能力)」「自分を信じる力(自己理解・自己管理能力)」「出会う力(キャリアプランニング能力)」「しなやかさ(課題対応能力)」としました。これを本学園では「こうじまちコンピテンシー」と名づけ、この「こうじまちコンピテンシー」を、卒業時までに 確実に身につけている人材を育成します。

 「こうじまちコンピテンシー」を体得した子どもたちは、グローバルだけでなく、ローカルにも目を向けられる広い視野の持ち主となり、ゆくゆくは各分野において求められる人物へと成長します。

change 2 「こうじまちセレンディピティ」の体得

 レジリエンス教育を通じて、多様化する社会に果敢にはばたける人材を育成します。「レジリエンス」とは、障壁に対し、柔軟にしなやかに対応していける資質のことです。

 麹町学園では、通常の学校生活をはじめ、各行事を通じて子どもの粘り強さを鍛え、チャレンジ精神を育みます。さまざまなことに果敢にチャレンジしていく経験を積むことで、思いもよらない事態にも自信を持って対峙できるたくましさが育成され、ひいてはたくさんのチャンスを掴むことのできる人間へと成長します。 この能力を、本学園では「こうじまちセレンディピティ」と名づけます。

 「こうじまちコンピテンシー」と「こうじまちセレンディピティ」を体得することで、グローバルにもローカルにも目を向けられる女性となること。果敢に社会に飛び出し、直面するさまざまな問題にも「しなやかに、たくましく」対峙していける女性となること。それが、麹町学園の教育でめざす女性像です。


基本の学校生活
●品位ある価値観・女性としての誇りの体得
●芸術・日本文化に触れ培われる感性
●日頃の丹念な学習
学年 中1 中2 中3 高1 高2
レジリエンス教育 麹町を歩く①宿泊オリエンテーション 麹町を歩く②アイルランド語学研修 - 勉強合宿 勉強合宿
クリティカルシンキング 学研の教材「クリティカルシンキング」を用いた、アクティブラーニング形式の授業 -
みらい論文 四番町図書館実習
資料探しのノウハウを学ぶ
実地調査
パワーポイントでのプレゼンテーション
ゼミⅠ
論文の書き方~調査・ゼミ内発表~
ゼミⅡ
~調査・ゼミ内発表・後輩指導~執筆
-
大学講義
受講体験
- - 大学講義受講体験 高大連携型プログラム平日講義受講 高大連携型プログラム平日講義受講
職業体験
インターン
麹町学園オリジナルキッザニア体験 有名企業への職場体験 麹町界隈の企業での職業体験+プロダクト 麹町界隈の企業でのインターン+プロダクト 海外修学旅行先で班別自主研修時に職場見学

みらい論文

 中学3年次から高校1年次の2年間をかけて、子どもたちは1万字の論文に挑戦します。ゼミの種類は20余種。教員全員がゼミを担当しています。子どもたちはいずれかのゼミに入り、自分の興味・関心のある事柄について文献調査・実態調査などを通じて分析をし、他のゼミ生と議論を交わし、問題点を明らかにしながら自分の考えを掘り下げていきます。