安全対策

落ち着いた雰囲気の文教地区

 麹町学園がある千代田区麹町は、国立劇場をはじめとする数多くの文化施設や、国会議事堂などの官公庁施設、そしてイギリス大使館・ベルギー大使館など、各国の大使館が点在する東京の中心エリアです。周辺には皇居と緑あふれる数多くの公園があり、大学をはじめ数多くの学校が集まる文教地区でもあります。麹町警察署も徒歩5分以内のところにあり、落ち着いた雰囲気と治安の良さに恵まれています。

外部侵入を防ぐ対策

 来校者確認のため、登下校時以外は、出入口を事務室前に限定しています。他の出入口についてはオートロックシステムとテンキーシステムを導入し、また、受付を含むすべての施錠口に防犯モニターを設置、侵入者の監視を行っています。

 その他、校内の使用頻度の低い特別教室については施錠し、必要に応じて教職員がその都度、開閉するようにしています。また「防犯マニュアル」を作成し、全教職員に配付しています。麹町警察署の指導の下、「不審者対策講習会」を催し、実地訓練も含め教職員全員が受講することを必須としています。

家庭との連絡・連携

 学習指導や生活指導をはじめ、学校におけるさまざまな指導に関して、家庭との連絡・連携を重視し、相互に綿密なコミュニケーションを図るよう心がけています。

 生徒の所在を常に明確にするため、担任教員は、欠席者・遅刻者・早退者については、家庭と連絡を取り合い、状況を正確に把握します。

 また生徒に対しては、下校時刻の遵守を徹底し、放課後の下校時間延長については、届け出制にするなど、所在の把握に万全を期しています。

防災対策

地震等の災害に対して以下の対策を講じています。

  1. 2003年に建て替えた校舎は、最新の制震構造で倒壊を回避するように設計・施工されており、校内にいる方がより安全な環境が整っています。
  2. 生徒一人あたり3日分の食糧であるビスケットや非常用アルファ米・インスタント味噌汁の他、毛布・防寒防水シート・下着・医療用品などを常時貯蔵しています。
  3. 2007年に「大震災マニュアル」を作成し、関係者全員に配付しています。生徒の在校時に大震災が起こり、生徒が帰宅困難に陥るなど、不測の事態に迅速な対応ができるよう、具体的な対処法が記載してあります。また、帰宅困難に陥った保護者の方にも対応いたします。
  4. 「緊急お知らせメール配信システム」を導入し、災害時に学校から家庭への連絡がスムーズに行えるようにしています。
  5. 学園敷地内にある「風力・太陽光発電システム」には、浄水機能も搭載されており、プールの水を飲料用・医療用として使用できます。また、停電になった場合は、自家発電装置によって、必要な電力が供給できます。
  6. 校舎内の各階に、発電機・投光器・大型ポリタンク・ポータブルコンロ・担架などの入っている大型救急箱を設置しています。
  7. 校内での避難訓練を年3回実施し、地元自治会・千代田区・消防署とともに行う地域ぐるみの避難訓練にも参加しています。
防災マニュアルを始め各種マニュアル

情報通信に関する安全管理

 インターネットを教育ツールとして考えたときの有用性はたくさんありますが、さまざまな利用者がさまざまな目的で利用することが前提であるため、ネット上には成長期の子供にとって有益とならない情報もたくさんあります。

 また、校内に設置しているパソコンには、生徒が危険なサイト・不要な情報にアクセスしないよう、閲覧を制御するためのフィルタリングソフトをインストールしています。

 さらに、携帯電話の利用についても、基本的なルールやマナーを学ぶと同時に、複雑巧妙化する犯罪に巻き込まれないようにするために、自己防衛の知識を身につけるよう指導を行っています。こうした安全指導は、入学後、麹町警察署のスタッフによる講演を聞くとともに、日常生活における指導の延長線上にあるものと考え、HRや道徳の時間等で、具体的な事例を交えながら指導を行っています。

新型インフルエンザ対策

 インフルエンザが大流行することを想定し、麹町学園では「新型インフルエンザ危機管理について」という危機管理マニュアルを作成し、全校生徒の家族に配付しています。

 万が一、新型インフルエンザに罹患した場合、学校ではどのように対処するか、また家庭ではどのように対処したらよいのかを詳細に記載してあります。

震災時の麹町学園の取り組み

クライシスマネジメント協議会に3.11東日本大震災の時の我が校の取り組みが紹介されました。

風力・太陽光発電システム

 災害時の備えとして、都市部での利用に適した静音で稼動効率の良い小型風力・太陽光発電システムを敷地内に設置しました。普段は街路灯として機能し、災害時には学園を含めた地域の独立電源として浄水器・通信・照明などの電源として機能します。

 生徒は風車が回っている様子を見ることで、防災に関して再認識すると同時に、本校舎屋上に設置されている太陽光発電パネルと同様に地球温暖化の防止対策を考える機会にもなっています。

個人情報の保護対策

 個人情報の取り扱いに関して、個人情報保護に関する方針を定め、これを遵守するとともに、すべての個人情報をより安全かつ適切に取り扱います。(詳細はこちらをご覧ください。