校長ブログ

BLOG

  • スーパーボランティア尾畠さんのニュースより

    今年の夏は猛暑、西日本豪雨等異常な気象が続いています。その中で、8月15日山口県周防大島町で3日間行方不明だった藤本理稀ちゃん(2才)を発見した尾畠(おばた)春夫さん(78才)のニュースは日本中を明るくしてくれました。

    この方のボランティア歴がすごい。2004年の新潟県中越地震以来、全国の被災地でボランティアを経験している。2011年の東日本大震災では、宮城県南三陸町で500日間の活動。2016年の熊本地震にも駆けつけている。今年の7月の西日本豪雨でも民家から泥をかき出す作業に参加している。

    尾畠さんの信条は、「助ける相手側に負担をかけないこと」。活動費は自分持ち。無償の行為である。理稀ちゃんを家族に引き渡したときも、祖父から風呂を勧められ、「そういうものはもらえない」と断っている。

    ボランティアを始めたのは65才のころから。「学歴も何もない自分がここまでやってこられた。社会に恩返しがしたい。」と思ったからだそうです。

    78才のおじいさんの夢は、家の事情で高等学校に進学できなかったので、「定時制高校に行き、勉強をすること」だそうです。たいへんな人が世の中にいるものですね。

    「何事も対岸の火事だと思わずに行動ができる人がもっと増えてほしい」

    尾畠さんの言葉に考えさせられました。

  • 甲子園

    今年も猛暑の中、甲子園球場では全国高校野球選手権大会が行われました。今年は第100回記念大会ということで、例年より多くの高校が参加して、連日熱戦が続き、多くの国民に感動を与えています。

    しかし、長い歴史において、約4年間の空白期間があったことは意外と知らされていません。昭和16年(1941年)第二次世界大戦の戦局が深刻化し、大会は地方大会途中で中断しました。甲子園球場も空襲を受けました。

    再開されたのは、終戦翌年の昭和21年(1946年)8月15日、甲子園球場のお隣の西宮球場で行われました。終戦後誰もが、失意にくれる中、ボールもグローブもなく、指導者もいない等さまざまな壁を乗り越えて、再び夢の舞台が開幕しました。その日の新聞の見出しは「青春いまぞ我らに、六年ぶり胸うづく感激」でした。どれだけ多くの国民がこの日を待ち望んでいたかがわかります。

    戦後73年、平和の大切さを改めて一人ひとりの生徒に知ってほしいと思いました。