おかえりなさい!

1月14日の午後、麹町学園アリーナ7階のスカイスタジオは百花繚乱、卒業生たちの賑やかな成人式会場となりました。

新成人たちは思い思いの出で立ち、髪はセットされ、カラフルな振袖やドレスを着て、お化粧もしています。

ブレザーにスカートの制服姿だった頃が想像できない程、まさしくおとなの女性になって母校に帰ってきました。

恩師や久しぶりに会う友達と会話がはずみ、同窓会差し入れのサンドイッチと飲み物を手に楽しいひと時をすごしました。

同窓会といえば昨年7月には卒業生を対象に初めて「ホームカミングデイ」と称する集まりを実行しました。

今年は第2回のホームカミングデイを学園祭に合わせよういう案もあるようで、まもなく刊行される同窓会の“そののわかな”に詳細が掲載されます。

たくさんの人たちが集まり旧交をあたためられますように。

 

私は校長を兼任していた当時から、卒業する生徒たちにはいつも“行ってらっしゃい!”と言って送り出すことにしています。

20歳になると、おとなとして認められると同時に多くの自己責任も生じます。

また数年後、大学、専門学校を卒業すると、社会に出るみなさんは世の中の厳しさに出会い、心折れる日もあるかもしれません。

苦難に負けず、それぞれの夢に向かって高く羽ばたいてほしいものです。

麹町学園での日々をなつかしく思い出す日がきっとあることでしょう。

どうぞいつでも麹町学園に「おかえりなさい!」

ブログ一覧に戻る