3月に思う(2)

学園の安心・安全

1995年1月、阪神淡路大震災の折、私はハノイに駐在していました。

次々に送られてくる映像には大勢の方々が犠牲になった様子や、建物、インフラが破壊された痛ましい光景が映し出されていました。

1996年年ハノイでの勤務を終えてその足で、住友商事からUSJの開業に向けて役員として出向しました。

USJは2001年3月31日にオープンしました。

USJは経営上の問題が当初からあり、食料品の賞味期限の塗り替え、火薬の不正取扱い、飲料水と工業用水のつなぎ違いなど次々と不祥事が発覚して、メデイアの格好のターゲットになりました。日ごろからのメデイア対策の欠如も一因でした。

私は開業する前には運営・企画にたずさわりましたが、ここで、念頭においたことは、ゲストの安心安全のプログラムです。

2005年にUSJを退職して麹町学園の経営にあたることになり、まず、取り組んだことの一つが、生徒、教職員の安心・安全体制でした。先にお話したイランやUSJでの経験もふまえ、2007年に“大震災マニュアル”の初版を作りあげました。

作成にあたっては、阪神淡路大震災を経験された方、消防、また、女性の視点なども伺った上で備蓄品も同時に揃えはじめたのでした。

基本的な考えは、非常事態のもとでは、“生徒、教職員は安全が確認されるまでは学校にとどまる”という原則です。

そのために何が必要か?を考えたときに、これまでの経験が大変参考になったのでした。

2011年3月の東日本大震災の時には大きな混乱もなく600人の生徒教職員が学校に居ました。

迎えにこられた保護者と帰宅した生徒以外、全員翌日の昼過ぎには無事帰宅を確認しました。

今では備蓄品の内容、量も充実、マニュアルも何回かバージョンアップされて、教職員、生徒、保護者に配布されています。

大きな災害や事故は決して起こってもらいたくないですが

備えあれば憂いなし

これからも麹町学園は教育面での充実はもとより、生徒・職員のため安心・安全の取り組みについては引き続き力を注いでいく所存です。

 

ブログ一覧に戻る