理事長ブログ

BLOG

  • 「いよいよアイルランドへ!修学旅行」

    170926アイルランド大使日中は相変わらず汗ばむ陽気ですがそれでもすこしずつ秋めいてきました。

    今年は10月14日から9日間、中学2年生が修学旅行でアイルランドを訪問します。

    生徒たちはとても楽しみにしているようです。

    昨日、山本校長と大谷学年主任と3人でアイルランド大使館を訪ねてバリントン大使にお会いしました。

    大使にお目にかかるのは久しぶりでしたが、温かく迎えてくださいました。

    大使館は学園から徒歩3分、文字通りお隣組です。

    今年は日本とアイルランドの国交樹立60周年の年です。

    この記念すべき年に麴町学園が新しい取り組みとしてアイルランドを修学旅行の地に選んだことを、大使は大変喜んでおられました。

    60人近い生徒がまとまってアイルランドまで中学の修学旅行にいくのは、関東圏でははじめてのことのようです。

    日程表をご覧になって、滞在するキルケニーという町、また、交流先の女子学校セントブリッジスカレッジ(1831年創立)の創立者のお話など熱心にしてくださいました。

    最後に大使から「生徒達の安全とこの企画が、これから長く続くことをとても期待しています」とお言葉をいただきました。

    「帰国後は是非お土産話をお願いします」と山本校長がバリトン大使から宿題をいただいて学校に戻りました。

    緑ゆたかなアイルランドで感受性ゆたかなみなさんはどんな体験ができるでしょうか。

    忘れられないたくさんの思い出を持ち帰ることできると思います。

    元気でいってらっしゃい!

  • 「インターナショナルラウンジで」

    勉強・スポーツそして行楽にもベストシーズンとなりました。

    9月30日、10月1日の2日間にわたる葵祭(学園祭)は麹町学園の行事の中でも体育祭と並ぶ大きなイベントです。生徒会が中心となって夏休み前から企画をして、いよいよ本番の日の準備にアクセルを踏み込みはじめました。PTA、同窓会、後援会の皆さんも張り切って準備をされています。

    そんなある日、私は3階のインターナショナルラウンジに立ち寄りました。

    今学期から、ALT(AssistantLanguageTeacher)の先生は二人となりました。昨年アイルランドから来られたキット先生と今年ニュジーランドから来られたシャーロット先生です。

    その日もいつも通り、お二人がラウンジにいらっしゃいました。お二人の先生の英語は発音も美しく、英会話の初心者の生徒たちにもわかり易いです。

    赤いリボンの中学生が二人いて、海外の雑誌に目を通していたので、

    “Hi, How are you?” と英語で声をかけたところ、

    即座に “I’m fine thank you, and you?”

    と英語で返してきたのですが、そのやりとりが、タイムリーで自然なのに驚き、うれしく思いました。

    そのついでに「雑誌は次のページへと送る所作をこうしてゆっくりとエレガントにしてみるのはどう?」と、私が彼女たちと同じ高校生の時に、英会話の先生から教えて頂いた捲り方を生徒たちに示して上げました。

    このブログではご説明しづらいですが、二人はすぐにその動きを身につけてくれました。
    そんな二人の嬉しそうな顔を見て私も楽しい気持ちでラウンジを後にしました。

    英会話の力がつくと同時に、レディとしてのマナーも身について一挙両得といえるでしょう。

    麹町学園の建学の精神がここにもあります。
    みなさんが聡明、端正な女性に育ってくれますように!

  • 「今日から2学期」

    今日から2学期がはじまりました。

    始業式で校長は“二度と戦争の無い平和な社会を”という話をされました。
    私はその話を聞きながら、住友商事のイラン支社長をしていた約30年前のことを思い出しました。

    毎日、毎晩イラクによるスカッドミサイルの攻撃の最中ですごしました。
    空襲警報がラジオで流されると、ヘルメットをかぶって地下室に避難するのですが、8、9分で着弾するか、警報解除となるかといった緊張の日々を送っていました。

    ちなみに今、北朝鮮が装備しているのはその改良型もあり、もっと高度なミサイルの開発にも成功していることは周知の事です。イランに駐在する前、イラクのバグダッドに石油の契約のために出張した時には逆にイランが攻撃したスカッドミサイルも体験し、その破壊力を目のあたりにしました。

    その時の経験やUSJでの安心安全対策が、麹町学園にきてから、防災の体制作りに役に立ったと言えます。

    災害は決して来てもらいたくはないけれど非常時に備えての対策をきちんと考えておくことは平時だからこそ必要です。

    始業式のあとに、バイリンガルコメデイアンの“かおり”さんが全校生徒に話をしてくれました。
    国内、海外でも活躍してきましたが、文字通りグローバルな人です。
    英語もさることながら、何を話すかしっかりと自分自身の考えをもつことの大切さも語ってくれました。

    放課後に7階から地下のアリーナまで歩いてみましたが、部活動が各所で行われていました。

    学園祭の準備などイベントの多い2学期です。
    秋の夜長ですから、生徒たちはもちろん、勉強にも時間を割いて、充実した生活を明るくのびのびと過ごせればよいなと改めて感じました。

    健康第一ですね。