「私が護国寺に居を構えた ちょっとした理由」

前の話で、関西から東京に出てきて、その居を「護国寺」に構えたことを書きましたが、なぜ「護国寺」であったのかには、ちょっとした理由があるのです。

夏目漱石の「夢十夜」という作品をご存知でしょうか。漱石の幻想的な文学への試み、実験的な作品のようにも思えますが、モチーフが「夢」ですから、私は素直にそのまま読んだ記憶があります。

「こんな夢を見た」で始まる、第一夜から第十夜までの十編の短い話が書かれた作品です。

その「第六夜」に登場するのが「護国寺」なのです。話をごくごく大雑把に説明すれば、護国寺の山門で、なんとあの運慶が仁王を刻んでいる(文中では「彫っている」ではありません)というのです。作品は「運慶が護国寺の山門で仁王を…」という言葉で始まります。それが評判となって大勢の人が集まって来るのですが、その中に主人公(おそらく漱石自身でしょう)の姿もあります。その目の前で運慶が黙々と仁王像を刻んでいるのです。

「何故、明治の世に運慶が?」と云うことは、まあ夢の事ですから。

とにかく、この「第六夜」が非常に記憶に残っているのです。故に、麹町への赴任が決まった時、迷わずにその居を「護国寺」に求めました。

では、どうしてこの話が記憶に残っているのか?

感じ方は人ぞれぞれでしょうが、運慶は「仁王を刻んでいるのではなく、まるで土の中から石を掘り出すように、木の中から仁王像を掘り出している」と作中の人物が言います。

主人公は「彫刻とはそういうものか」と思い、自分もやってみようとします。家に帰って適当な木材を彫り、そこに仁王像を求めますが、何もない。「明治の木にはとうてい仁王は埋まっていない」と悟り、それで運慶が今日まで生きているという理由が分かった、というのがこの話の結びです。

この話の意味を考えるとキリもなし、です。しかし、私には妙にストンと腑に落ちる話でした。それ以来、「護国寺」というものが何故かキーワードのように頭に残っていたのです。

で、ただいま「護国寺」から麹町学園に通っています。

あまり深く考えないでください。それだけの事なのです。

ブログ一覧に戻る