「やはり少しはあります 第六夜に思うこと」

先に夏目漱石の「夢十夜」の「第六夜」について触れ、この作品を深読みはしていない旨、書きましたが、やはり少しはあるのです。

決して、深読みの類ではないと自分では思っているのですが、自分なりに感じた事は確かにあります。

先の記事を書き終えた後、少しウズウズし始めましたので、書きます。当然、大文豪相手に書評などをやろうと云う気持ちなど毛頭ありませんので、素直な「感想」ということで…。

あの作品の結びなのですが、「明治の木にはとうてい仁王は埋まっていない」とありますが、その前に主人公(漱石自身)はいくつもの木を片っ端から彫っています。そして、不幸にしてどの木にも仁王は見当たらなかった。

私はこの件(くだり)に、明治という時代の気分を強く感じたのです。

主人公がいくつもの木の中に仁王を探しますが、ついに「運悪く」掘り当てることはできませんでした。

この「木」とは「これから如何様にも形作られる素材=未来」であり、そこに何も見えないというのは明治という時代が、どれほど急旋回を図ったかということを表しています(と思います)。

仁王を「古き日本の姿」とすれば…。しかし、時代は、司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」にあるように、「まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている」時、まさに坂の上に漂う雲、「近代化」を求め、「それまでの日本」、つまり後ろなど振り返らずひたすらに坂を登って行こうとします。ですが、その坂の上に「近代日本」の姿を描く事は至難のことです。いつまでも雲は遥か遠くに浮かんでいます。

明治とは、「木(素材)」という未来の中に、かつての姿を振り返ることなく、未知の世界を尋常ならざる思いで描こうとする時代です。

漱石が作品の中で言う「明治の木にはとうてい仁王は埋まっていない」というのは、そういった時代の空気を表しているのでしょう。

「それで運慶が今日まで生きている理由もほぼ分かった」というのは、それまでの伝統を振り切って「近代化」「脱亜入欧」を図る日本の姿への「皮肉」なのでしょうか。それとも、まさに「不易流行」という、常に改革の中で作られる伝統ということへの「複雑な思い」なのでしょうか。

悩まず、迷わず「前に進む」のは決してたやすいことではありません。

私が、この話に強い印象を持ち続けているのは、その思いに共感したからなのでしょう。極々、自然にそう感じました。

ブログ一覧に戻る