理事長ブログ

BLOG

  • 3月に思う(2)

    学園の安心・安全

    1995年1月、阪神淡路大震災の折、私はハノイに駐在していました。

    次々に送られてくる映像には大勢の方々が犠牲になった様子や、建物、インフラが破壊された痛ましい光景が映し出されていました。

    1996年年ハノイでの勤務を終えてその足で、住友商事からUSJの開業に向けて役員として出向しました。

    USJは2001年3月31日にオープンしました。

    USJは経営上の問題が当初からあり、食料品の賞味期限の塗り替え、火薬の不正取扱い、飲料水と工業用水のつなぎ違いなど次々と不祥事が発覚して、メデイアの格好のターゲットになりました。日ごろからのメデイア対策の欠如も一因でした。

    私は開業する前には運営・企画にたずさわりましたが、ここで、念頭においたことは、ゲストの安心安全のプログラムです。

    2005年にUSJを退職して麹町学園の経営にあたることになり、まず、取り組んだことの一つが、生徒、教職員の安心・安全体制でした。先にお話したイランやUSJでの経験もふまえ、2007年に“大震災マニュアル”の初版を作りあげました。

    作成にあたっては、阪神淡路大震災を経験された方、消防、また、女性の視点なども伺った上で備蓄品も同時に揃えはじめたのでした。

    基本的な考えは、非常事態のもとでは、“生徒、教職員は安全が確認されるまでは学校にとどまる”という原則です。

    そのために何が必要か?を考えたときに、これまでの経験が大変参考になったのでした。

    2011年3月の東日本大震災の時には大きな混乱もなく600人の生徒教職員が学校に居ました。

    迎えにこられた保護者と帰宅した生徒以外、全員翌日の昼過ぎには無事帰宅を確認しました。

    今では備蓄品の内容、量も充実、マニュアルも何回かバージョンアップされて、教職員、生徒、保護者に配布されています。

    大きな災害や事故は決して起こってもらいたくないですが

    備えあれば憂いなし

    これからも麹町学園は教育面での充実はもとより、生徒・職員のため安心・安全の取り組みについては引き続き力を注いでいく所存です。

     

  • 3月に思う(1)

    学園の安心・安全

    毎年この時期になると思い出すことがあります。

    今から31年前になりますが、1988年私はイラン住友商事社長としてテヘランに駐在していました。

    2月28日に一時帰国して東京で関係の部との打ち合わせをしていた時「テヘラン事務所から国際電話です」と呼び出され電話にでたところ、「市内で大きな爆発があった、どうやらミサイルらしい」とのことでした。

    私はとりあえず駐在員全員を平時から確保していたカスピ海の避難所(別荘)に移動するよう指示しました。

    そして私は早速3月3日にイラン航空で東京からテヘランに帰任する手配をしました。

    北京経由の直行便で所要時間約17時間、このフライトに非常時ということで日本航空の河野支店長が乗っておられました。

    乗客は2人でした。

    それから4月20日頃までイラクによるスカッドミサイルの攻撃が連日にわたり続きましたが私自身はテヘランにとどまり、駐在員の脱出作戦にあたり、3月20日には全員脱出、帰国してもらうことができました。

    事務所や現地スタッフの今後の事など一連の仕事を済ませ私が帰国したのは4月10日です。その間約一ヶ月の経験が

    今も役立っていることをすこしお話したいと思います。

    テヘランにおいては平時からあらかじめリスク管理を行ってはいましたが「、いざとなったらどうする?」ということを念頭に非常事態体制を構築しておく重要性をさらに身をもって感じることができました。

    当時を思い出しますと、脱出用の航空券、現金、食糧はもとより、ガソリン、電源、スペアタイア、最後は毒ガスの攻撃に備えて、つなぎの防護服までとりよせました。

    幸い全員無事に帰国、イランはその年の7月に終戦となったのでした。

    このような恐ろしいことが平和な国、日本で起きるべくもありませんが、この経験を活かし、平時から災害や事故に備える必要があると痛切に感じたことは確かです。

    麹町学園にきてからは、ご家族にとってかけがえのないお嬢様たちをお預かりしているという事を考え、まず生徒・職員の安心安全の面についてしっかりと取り組みました。

    さて毎年、この時期に、当時の駐在の仲間(戦友?)とは六本木のイランレストランで集まり、今となっては懐かしい思い出話に花を咲かせています。

    次にもうすこし詳しく学園の安心安全面に力を注いだお話をしましょう。

  • おかえりなさい!

    1月14日の午後、麹町学園アリーナ7階のスカイスタジオは百花繚乱、卒業生たちの賑やかな成人式会場となりました。

    新成人たちは思い思いの出で立ち、髪はセットされ、カラフルな振袖やドレスを着て、お化粧もしています。

    ブレザーにスカートの制服姿だった頃が想像できない程、まさしくおとなの女性になって母校に帰ってきました。

    恩師や久しぶりに会う友達と会話がはずみ、同窓会差し入れのサンドイッチと飲み物を手に楽しいひと時をすごしました。

    同窓会といえば昨年7月には卒業生を対象に初めて「ホームカミングデイ」と称する集まりを実行しました。

    今年は第2回のホームカミングデイを学園祭に合わせよういう案もあるようで、まもなく刊行される同窓会の“そののわかな”に詳細が掲載されます。

    たくさんの人たちが集まり旧交をあたためられますように。

     

    私は校長を兼任していた当時から、卒業する生徒たちにはいつも“行ってらっしゃい!”と言って送り出すことにしています。

    20歳になると、おとなとして認められると同時に多くの自己責任も生じます。

    また数年後、大学、専門学校を卒業すると、社会に出るみなさんは世の中の厳しさに出会い、心折れる日もあるかもしれません。

    苦難に負けず、それぞれの夢に向かって高く羽ばたいてほしいものです。

    麹町学園での日々をなつかしく思い出す日がきっとあることでしょう。

    どうぞいつでも麹町学園に「おかえりなさい!」

  • いい日旅立ち

    今年も中学2年生が10/412, 9日間の日程で修学旅行に行きました。

    昨年からアイルランドへの旅が新しい取り組みとして実施されています。

    ダブリンから少し離れたキルケニーという町のセントブリッジスカレッジが麹町学園との提携先です。

    これに先立ち、学校の代表が、麹町学園から徒歩3分のところにあるアイルランド大使館を訪問して新たに着任された駐日アイルランド大使にご挨拶に行きました。

    カヴァナ大使はかつて国連の代表として東京に2年駐在されたこともある親日家です。

    その場で「では、麹町学園の生徒たちにアイルランドの話をしに行きましょう」ということになりました。

    大使は過密な日程を調整して、修学旅行出発の前日に来校してくださり、7階のスカイスタジオで約30分お話をして下さいました。

    坂本副理事長の通訳で“大使とは”というお話もわかり易くしてくださいました。

    民間との交流もありますが、国と国をつなぐ公式の窓口として、天皇陛下に信任状を提出してから正式に大使として活動するという手続きのことも丁寧にお話しされました。

    また、世界にはアイルランド系の移民をルーツにしている人達が多くの国にいることなども話されました。

    そういえば私が駐在していたニューヨークには警察官、消防士など、アイルランド系の人達が多かったことを思いだしました。

    大使は生徒たちに「アイルランドに行ったら、ともかくなんでもいろいろと質問してください。アイルランドの人達はとても親切で丁寧に応じてくれますよ“」と力強く励ましてくださいました。

    また「このような機会を与えてくださった家の方への感謝を忘れないように。戻ってきたら、お土産話を聞かせてもらうのをとても楽しみにしていますよ」としめくくられました。

    温かく優しいお人柄がうかがえたセッションでした。

    生徒達は翌日の旅立ちに期待の気持ち一杯で目を輝かせながら、大使のお話に聞き入っていました。

    最後に生徒代表が英語で大使にメッセージをよみあげ、それを大使も微笑みながら受けてくださいました。

    翌日に中学2年の生徒たちはドバイ経由でアイルランドに旅立ってゆきました。

    この2年間、麹町学園では英語の音声活動などにより、英検合格率のめざましい向上が見られます。

    アイルランドでも多くの貴重な経験をして元気に帰国してくれることでしょう。

    私もみなさんのお土産話をきくのを楽しみにしています。

     

  • 「おかえりなさい!ホームカミングデー」

    7月14日土曜日に私が発した第一声です。

     

    今春の卒業式に“いってらっしゃい”と送り出した卒業生達も

    また数十年前に卒業された大先輩たちも麹町学園に帰ってきました。

    当日は退職された先生方もお迎えし、アリーナのいたるところで、恩師や、卒業生同志の会話に華が咲いたのでした。

     

    今年度始めに、校長の発案でホームカミングデーのイベントをすることを決めました。

    短期間の準備となりどれくらい集まれるかなと心配しましたが、出席者は百数十人という規模になったことはとてもうれしかったです。

    卒業生の有志が実行委員となり、同窓会の皆さん、中には学園の教員となっている卒業生もいて企画とみなさんへのご案内のご協力をしてくださったおかげです。

    何と言っても感激したのは、フィナーレ!

    いろいろな世代のOGの皆さんが揃って”コキリコ“の踊りをしたことです。

     

    コキリコは毎年行われる体育祭の時に、高校三年生が踊る麹町学園特有の踊りで60年以上前からの伝統の踊りなのです。

    毎年、体育祭の当日に向けて、体育の授業で熱心に練習をするのですが、卒業生1人1人にとってはまさに学園の思い出そのもので、この日も振付を思い出しながら皆さんが踊っている姿を見て、私は改めて麹町学園の歴史の重み、絆の深さに感激しました。

     

    今回は初めての企画で告知が行き渡らなかったかもしれません。来年以降はできる限りたくさんの卒業生に連絡をとれるようにしたいです。

    そして楽しいイベントとして、学園の新しい1ページになることと期待しています。

     

    猛暑が続きます。

    水分と塩分補給を忘れず、夏の思い出たくさん作ってください!

     

  • 3つの約束

    4/14/3富士五湖の一つである西湖のほとりにあるホテルでイングリッシュキャンプが行われました。

    文字通り英語で過ごす3日間のキャンプは昨年度より

    本校の英語科特別顧問の安河内哲也先生の発案で実施していて、今年は、昨年に引き続き2回目となります。

     ホテルは対岸の遠くに雪を頂いた名峰、富士山が見えるという素晴らしい環境のもとにあります。

    新中2から新高3までの生徒60数人が参加。

    新たに麹町学園に迎えた英語科の先生達もご指導に加わっていただき英検の各級ごとのクラス編成でひたすら英語漬けの日程で、賑やかなイベントとなりました。

    キャンプには安河内先生もフルに参加されて総合的なご指導をいただきました。

     

    先生のご指導で進めてきた音声活動による“使える英語を、

    より実用的な英語教育の取り組み”が麹町学園の生徒たちの英検合格率アップという結果につながっているのを見て、今後をますます期待しています。

    ところで私は1日に差し入れをもってホテルを訪れました。

    私の生まれ育った鎌倉の鳩サブレ―(PIGEON COOKIEと言いましたが)を届けたのです。

    開校式で私は参加した生徒たちに三つの約束をしてねと英語で話しかけました。

    一つ目はこのキャンプを存分に楽しんで英語が好きになること

    二つ目は兎も角声をだして英語を口にすること

    三つ目は家に戻ったらまず最初に”英語で“家族に「ただいま、有難う」ということ。

    参加した先生からの報告では一つ目と二つ目の約束は守ってくれたとのことでした。

    三つ目はご家庭でどうだったかご家族にお聞きしてみたいものです。

    麹町学園では新年度を迎えて、学習、そして課外活動にも力強い手ごたえを感じています。

    健康第一ですね。

     

  • Bon Voyage!

    AFS留学生スロベニアからやってきたVIKIが麴町学園での約9か月の学園生活を終えて帰国の途につきます。

    高校1学年の東洋大学グローバル(TUG)コースの梅組に入っていました。

    部活動ではバレー部、また課外では筝曲をと言う希望でレッスンをうけたり、すべてに積極的な姿勢が見られました。

    一般的に欧州の人達は母国語以外にも複数の言葉を身につけることが多いのですが,VIKIはスロベニア語以外にも、スペイン語も話せますし英語についてはネイテイブと思われるような実力の持ち主で、英語の授業では、クラスメートに発音など教えるほどでした。

    短期間で日本語会話もかなり上達し、語学に対する天性の持ち主という印象を覚えたのでした。

    29日にインターナショナル・ラウンジ(I-LOUNGE)でVIKIを囲んでさよならパーテイ―がありました。

    最近設置されたカラオケのセットでかわるがわる”英語の歌“を歌って盛り上がりました。

    このカラオケセットは「外国語は歌で覚えるのも有効だ」との私の思いもあって導入されたので、I―LOUNGEでは、生徒たちは”英語の歌”しか選曲できないルールとなっています。

    やがて先生たちも登場して盛り上がりました。

    生徒の中には、発音もしっかりしていて音程の確かな歌い手がいて頼もしく思いました。

    2018/ 1/29 15:53

    31日がVIKIにとって最後のホームルームだったので、私は送る言葉を伝えに行きました。

    麹町学園での経験は代えがたいもの、生涯の財産です。麹町のファミリーの一人としてあなたは母国の空に位置する麹町サテライトです

    と結びの言葉としました。

    VIKIのこれからの活躍を皆で祈っています。

    BON VOYAGE!

  • 「英語は歌で覚えよう」

    秋も深まってきました。
    学園祭も終わり、校内は勉強に取り組みやすい落ち着いた雰囲気です。

    麹町学園のインターナショナルラウンジに、まもなく英語の歌が歌えるカラオケ装置が設置されることになりました。東洋大学の総合情報学部の教授が研究テーマとしてとりくんでおられる、このカラオケ装置は、業界大手の第一興商が開発したソフトです。

    特長は歌詞にふってあるルビが発音通りになっているところです。従来のカラオケでは英語の歌詞が単語1つ1つの発音のまま、カタカナでルビが打たれています。それを目で追って歌うと字余りになってたいへん歌いにくくなっていました。

    新しいカラオケ装置は英語の歌は苦手という意識を無くせますから、歌い慣れるとスムースに英語が口にでてくるようになるでしょう。

    私も中学生高校生時代、英語は歌で覚えたと以前にも少しお話をしましたね。

    大学卒業後は住友商事に就職して、世界中を翔びまわりましたが、例えば、ベトナム駐在の時にカラオケで覚えた歌のメロディがいまだにふと口からついて出たりします。

    麹町学園では、昨年から毎朝10分間の音声活動を行っていて、いつもその最後に英語の歌を歌います。

    ともかく、外国語は声に出すことが上達の何よりの有効な手段です。

    私は日頃から「度胸70%、ボキャブラリー30%、まず、声に出して英語で話してみよう」と言っています。

    尚、カラオケボックスなどではジャンル・曲数も多数ありますが、学園では英語の歌(数百曲)しか選べないことになります。

    この新しい取り組みによって、生徒達がインターナショナルラウンジに足繁く通い、ネイテイブの先生たちとの交流も盛んになって、やがて話す力も身につくものと期待しています。

    楽しい空間、私も待ち遠しいです。

  • 「いよいよアイルランドへ!修学旅行」

    170926アイルランド大使日中は相変わらず汗ばむ陽気ですがそれでもすこしずつ秋めいてきました。

    今年は10月14日から9日間、中学2年生が修学旅行でアイルランドを訪問します。

    生徒たちはとても楽しみにしているようです。

    昨日、山本校長と大谷学年主任と3人でアイルランド大使館を訪ねてバリントン大使にお会いしました。

    大使にお目にかかるのは久しぶりでしたが、温かく迎えてくださいました。

    大使館は学園から徒歩3分、文字通りお隣組です。

    今年は日本とアイルランドの国交樹立60周年の年です。

    この記念すべき年に麴町学園が新しい取り組みとしてアイルランドを修学旅行の地に選んだことを、大使は大変喜んでおられました。

    60人近い生徒がまとまってアイルランドまで中学の修学旅行にいくのは、関東圏でははじめてのことのようです。

    日程表をご覧になって、滞在するキルケニーという町、また、交流先の女子学校セントブリッジスカレッジ(1831年創立)の創立者のお話など熱心にしてくださいました。

    最後に大使から「生徒達の安全とこの企画が、これから長く続くことをとても期待しています」とお言葉をいただきました。

    「帰国後は是非お土産話をお願いします」と山本校長がバリトン大使から宿題をいただいて学校に戻りました。

    緑ゆたかなアイルランドで感受性ゆたかなみなさんはどんな体験ができるでしょうか。

    忘れられないたくさんの思い出を持ち帰ることできると思います。

    元気でいってらっしゃい!

  • 「インターナショナルラウンジで」

    勉強・スポーツそして行楽にもベストシーズンとなりました。

    9月30日、10月1日の2日間にわたる葵祭(学園祭)は麹町学園の行事の中でも体育祭と並ぶ大きなイベントです。生徒会が中心となって夏休み前から企画をして、いよいよ本番の日の準備にアクセルを踏み込みはじめました。PTA、同窓会、後援会の皆さんも張り切って準備をされています。

    そんなある日、私は3階のインターナショナルラウンジに立ち寄りました。

    今学期から、ALT(AssistantLanguageTeacher)の先生は二人となりました。昨年アイルランドから来られたキット先生と今年ニュジーランドから来られたシャーロット先生です。

    その日もいつも通り、お二人がラウンジにいらっしゃいました。お二人の先生の英語は発音も美しく、英会話の初心者の生徒たちにもわかり易いです。

    赤いリボンの中学生が二人いて、海外の雑誌に目を通していたので、

    “Hi, How are you?” と英語で声をかけたところ、

    即座に “I’m fine thank you, and you?”

    と英語で返してきたのですが、そのやりとりが、タイムリーで自然なのに驚き、うれしく思いました。

    そのついでに「雑誌は次のページへと送る所作をこうしてゆっくりとエレガントにしてみるのはどう?」と、私が彼女たちと同じ高校生の時に、英会話の先生から教えて頂いた捲り方を生徒たちに示して上げました。

    このブログではご説明しづらいですが、二人はすぐにその動きを身につけてくれました。
    そんな二人の嬉しそうな顔を見て私も楽しい気持ちでラウンジを後にしました。

    英会話の力がつくと同時に、レディとしてのマナーも身について一挙両得といえるでしょう。

    麹町学園の建学の精神がここにもあります。
    みなさんが聡明、端正な女性に育ってくれますように!

1 2 11