Active Science

教育の特色Education

2021年4月より「Active Science」を始めます!

本学園創立者 大築佛郎

現代社会において必要とされている「論理的な思考力・批判的な思考力」を身につけることを目的としています。

そして、本学園の創立者である大築佛郎の「科学の目を開くことをはじめ、広い知識や教養を身につけた女性を育てる」という意思を具体化した取り組みです。

Active Scienceの狙い

「Active Science」は、中学生の理科の授業でおこなう取り組みで、以下の資質・能力を養っていきます。

  1. 実験・観察を繰り返すことによって、プロセスを考えていく能力を養っていきます。
  2. 生徒の活動中心の授業を展開することで、問題解決に向けて主体的に取り組む力、自主的に思考する力を身につけていきます。
  3. グループ学習での生徒間の積極的な話し合いによって、言語能力・コミュニケーション能力を育成していきます。
  4. 実験では身近な素材や教材を扱うため、理科に対する苦手意識をなくし、学習意欲を高めていきます。

サイエンスは私たちの生活に身近なもので、社会の中のさまざまな場面で活かせる学問です。

自ら学ぶ姿勢を持ち、学びをデザインできる女性。豊かなコミュニケーション能力をもって、社会に貢献する女性。本学園は、みらいを創造する女性の育成を目指します。

ジャパンGEMSセンターと交流・連携

ジャパンGEMSセンター について

GEMS(Great Explorations in Math and Science;ジェムズ)は、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校の付属機関LHS(Lawrence Hall of Science;ローレンスホール科学教育研究所)で開発されている幼稚園から高校生年代を対象とした科学・数学領域の参加体験型プログラムです。

ジャパンGEMSセンターは、公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)内に2001年に設立されました。カリフォルニア大学LHSとのライセンス契約の下、日本におけるGEMSの普及ならびに指導者養成におけるリソースセンターしての役割を担っています。

ジャパンGEMSセンターHPはこちら⇒https://japangems.org/

ジャパンGEMSセンターと交流・連携

ジャパンGEMSセンターの目標の一つが「体験ベースにした科学教育」を基に「基礎学力」を身につけ、「自ら考え、自ら学ぶ力をつける」ことです。自らの力で考えることで、「科学は難しい」という「理科離れ」をなくすことができます。

この目標と、本学園の「Active Science」の理念が共鳴し、ジャパンGEMSセンターと交流・連携をすることになりました。具体的には、ジャパンGEMSセンターの職員が本学園理科の教員と研修をおこない、より質の高い内容の授業を生徒に展開します。

本学園の教員は「Active Science」の理念を共有し、さまざまな理科に親しみやすい実験を実践していきます。

10月3日(土)中学説明会でお伝えした内容です。
10月3日(土)中学説明会の「Active Science」実験教室の様子です。