校長ブログ

BLOG

  • スーパーボランティア尾畠さんのニュースより

    今年の夏は猛暑、西日本豪雨等異常な気象が続いています。その中で、8月15日山口県周防大島町で3日間行方不明だった藤本理稀ちゃん(2才)を発見した尾畠(おばた)春夫さん(78才)のニュースは日本中を明るくしてくれました。

    この方のボランティア歴がすごい。2004年の新潟県中越地震以来、全国の被災地でボランティアを経験している。2011年の東日本大震災では、宮城県南三陸町で500日間の活動。2016年の熊本地震にも駆けつけている。今年の7月の西日本豪雨でも民家から泥をかき出す作業に参加している。

    尾畠さんの信条は、「助ける相手側に負担をかけないこと」。活動費は自分持ち。無償の行為である。理稀ちゃんを家族に引き渡したときも、祖父から風呂を勧められ、「そういうものはもらえない」と断っている。

    ボランティアを始めたのは65才のころから。「学歴も何もない自分がここまでやってこられた。社会に恩返しがしたい。」と思ったからだそうです。

    78才のおじいさんの夢は、家の事情で高等学校に進学できなかったので、「定時制高校に行き、勉強をすること」だそうです。たいへんな人が世の中にいるものですね。

    「何事も対岸の火事だと思わずに行動ができる人がもっと増えてほしい」

    尾畠さんの言葉に考えさせられました。

  • 甲子園

    今年も猛暑の中、甲子園球場では全国高校野球選手権大会が行われました。今年は第100回記念大会ということで、例年より多くの高校が参加して、連日熱戦が続き、多くの国民に感動を与えています。

    しかし、長い歴史において、約4年間の空白期間があったことは意外と知らされていません。昭和16年(1941年)第二次世界大戦の戦局が深刻化し、大会は地方大会途中で中断しました。甲子園球場も空襲を受けました。

    再開されたのは、終戦翌年の昭和21年(1946年)8月15日、甲子園球場のお隣の西宮球場で行われました。終戦後誰もが、失意にくれる中、ボールもグローブもなく、指導者もいない等さまざまな壁を乗り越えて、再び夢の舞台が開幕しました。その日の新聞の見出しは「青春いまぞ我らに、六年ぶり胸うづく感激」でした。どれだけ多くの国民がこの日を待ち望んでいたかがわかります。

    戦後73年、平和の大切さを改めて一人ひとりの生徒に知ってほしいと思いました。

  • 入学式式辞

    本日はここに多数のご来賓と保護者の方々のご臨席を賜り、平成30年度の麹町学園女子中学校・高等学校の入学式を挙行できますことは、教職員一同大きな喜びでございます。

    先ほど入学を許可いたしました97名の新入生の皆さんに、ここで改めて入学のお祝いを申し上げます。そして保護者の皆さまにも、お子さまのご入学について心からのお祝を申し上げます。

    皆さんが入学された麹町学園女子中学校・高等学校は本年で創立113年目を迎えます。長い伝統を持つ学校です。伝統とは、もちろん形のあるものではありませんが、確実に生徒たちにしみこんでいるものがあります。「聡明」「端正」という教育目標に沿って教育を続けてきた結果できあがったのが、麹町学園らしさというものです。まるで、よい蔵元にすみついた酵母がそこでつくられる醤油や酒に独特の凡味を与えるように、そこでしかつくることのできないものです。麹町学園らしさとは「温もり」と「革新」というものです。これが112年にわたって受け継がれてきた本校の伝統です。

    「温もり」というあたたかい校風の中で、麹町学園は、112年の歴史の中で変化に臆することなく、常に新しいことに挑戦し続けてきました。伝統は伝承ではなく、日々の革新で輝きます。その気風がまさに本校の伝統です。今、私達が目指すのは、「自ら学び、考える力のある人間」の育成です。

    「自ら学び、考える力のある人間」とはどのような生徒でしょう。

    1. コミュニケーション力のある生徒

    「自分の意見をはっきりと言う、人の話をしっかりと聞く」力が非常に重要となります。

    1. 深く考える生徒

    自分で調べて深く考えた知識は、根強く定着し、その学びの姿勢は将来の生き方を支えていく力になります。

    1. 自ら動ける生徒

    マニュアル通りではなく自ら動く生徒です。今後の社会で一番必要とされます。

    本校での学びは、必ず時代を生き抜く人間力となるはずです。

    いよいよ今日から新しい生活がスタートします。

    「立志は万事の根源なり」という言葉があります。立志とは志を立てること、言い換えると目標を持つということです。目標を持つことは、生活を充実させる基盤です。新入生の皆さん、確かな目標を定め、今日から始まる中学校、高等学校生活を充実したものにしてください。皆さんなら必ずできると確信しています。

    終わりになりましたが、保護者の皆様にお願いを申し上げます。保護者の皆さまと私たち教職員は今日から、ここに並んでいる新入生の皆さんを「指導してよりよく育てていく」という同じ仕事に取り組むことになりました。同じ仕事を、ご家庭と学校の両者で分担するわけですから、お互いに協力しなければ、効果をあげることはできません。協力の基本はお互いの理解と信頼であります。私達は力を尽くしてご家庭の教育の理解に努めてまいります。保護者の皆様におかれましても、どうか本校の教育方針や指導についてご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。最後に、新入生の皆さんの中学校、高校生活が、楽しく充実したものとなりますよう心から祈念して式辞といたします。

  • 新年を迎えて!

    新年あけましておめでとうございます。

    私の東京生活も早いもので4年目を迎えます。

    そして麴町学園の教育改革も3年目となります。

    常に新しいことにチャレンジしていくことが学園の発展につながっていくことと信じています。

    今年も教員・職員一丸となって生徒たちのためにチャレンジしていきたいと思っています。

    今年もたくさんの年賀状をいただきました。

    その中で強く印象に残っている言葉を紹介します。

     

    1) 「時期尚早!」と言う人間は100年経っても必ず同じことを言う。「前例がない!」と言う人間は100年経ってもきっと同じことを言う。

    川淵三郎 BSTVでの発言

     

    2) 「ローマは1日にしてならず」されど「ベルリンの壁は一夜にして崩れた」

    朝日新聞

     

    3) その一言で励まされ     その一言で夢を持ち

    その一言で腹がたち     その一言でがっかりし

    その一言で泣かされる   ほんのわずかな一言が

    不思議に大きな力を持つ ほんのちょっとの一言で

    駅構内の壁広告

     

    2018年という年が、皆さまにとって最良になりますように!