校長ブログ

BLOG

  • 2017年度中学2年生「アイルランド修学旅行」を終えて

    ireland201710月14日(土)、成田空港から生徒56名、引率教員8名、添乗員2名の総勢66名が初のアイルランド修学旅行へと出発しました。初めて海外に行く生徒もたくさんいる中、ロングフライト2本を乗り継いでの移動でしたが、大きく体調を崩す生徒もおらず、無事にアイルランドに到着しました。

    現地時間の15日(日)12時30分に到着し、ダブリン空港から、研修校St.Brigid’s Collegeがあるキルケニーへとバスでの移動でした。研修校ではホストファミリーが待ってくれており、メアリー校長先生から挨拶を頂いた後、早速ホストファミリーとのマッチングが始まりました。初めての対面で、生徒たちは緊張しているようでしたが、ホストファミリーに温かく迎えられ、ホームステイ先へと向かっていきました。

    本日からスタートするアイルランドのホストファミリーとの生活を通して、生徒たちが大きく成長してくれることを願い、ホストファミリーと一緒に車に乗り込む姿を見届けました。

    続きはこちらから

  • 安河内先生による英検特別講習

    9/14~16日の3日間、本学園英語科特別顧問安河内哲也先生の、英検対策特別講習がおこなわれました。

    希望者を対象に英検3級から準1級までの各級の受験指導をしていただきました。

    生徒たちはペア活動を中心に、いきいきと活動型の授業に参加していました。

    特に生徒たちの相手の意見に耳を傾け、自分の意見を英語で主張する姿を見て本学園の英語改革の成果の一端を垣間見た気がします。

    今後もこの歩みを止めず、グローバル社会で活躍できる生徒を育てていきたいと考えています。

    来月の上旬には第2回英検がおこなわれます。少しでも今回学んだことを試験に生かしてほしいと切に願います。

    安河内先生、お忙しい中講義をしていただきありがとうございました。

  • 入学式での安河内先生のお話

    4月10日(月)本学園の入学式で英語科特別顧問の安河内哲也先生から中学高校の新入生に対して、メッセージをいただきました。

    要約すると次のようなことです。

    麹町学園では英語教育の大改革を行い、英語の習得に重きを置いています。

    そしてみなさんはなぜ英語を習得しなければならないのですか?どうして私たちは英語を学ぶのですか?

    多くの人たちは「大学受験やその他の試験、よい仕事に就くために英語を勉強する」と答えます。英語を勉強する目的のひとつとしてはそれでいいのですが、最終的なゴールではありません。

    人類の歴史には、お互いにコミュニケーションがうまくいかず長い間戦争をくり返してきた事実があります。しかし21世紀になり、ついに共通語として英語というひとつの言語を手に入れコミュニケーションの輪が大きくなりました。

    そして現代に生きる私たちは戦う前に話すことができ、憎しみ合う前に話をすることができるのです。相手の命を奪う前に話すことができることは、世界にとってとても意味深いことです。

    そんな素敵な力をもった英語を学ぶうえで、ただ単にテストに合格することを目的にせず、平和な世界を築くためのツールとして、私たちは英語力を身につけていきましょう。

    という内容でした。新入生たちの心に響くすばらしいメッセージでした。

    安河内先生ありがとうございました。

  • 平成29年度入学式にて

    nyugakushiki20174月10日(月)本学園の入学式を挙行し、中学校64名、高等学校104名の初々しい新入生の前で式辞を述べました。

    将来を方向づけるプロセスにおいて、大切で成長著しい時期を麹町学園で過ごす新入生の皆さんに、悔いのない学校生活を送ってほしいという願いをこめて、2つの話をしました。

    1つ目は司馬遼太郎さんの「二十一世紀に生きる君たちへ」という作品の一部を紹介し、学校生活のなかで「いたわり」、「他人の痛みを感じる」、「やさしさ」の心を身につけるために訓練し、自己の中でしっかり根づかせることの大切さを語りました。

    そして君たちはつねに晴れあがった空のように、高々とした心を大切にしてほしいと結びました。

    2つ目は努力の大切さです。慶應大学ラグビー部のクラブスローガンのひとつである“Next One”(いつも未来を、次を、、、という意味)を紹介しました。

    彼らはこの言葉を胸に、絶えず次のプレーや次の試合が自分にとって最高のものとなるように、日々全力を尽くそうという思いを込めて歩んでいます。

    新入生の皆さんも大きな目標を持ち、そして日々の努力を継続し、自分の夢を追い続けかなえていってほしいと伝えました。

  • 本校が求める「グローバル人材」

    3月19日(日)に、東洋大学グローバルコース生(一期生)対象の入学オリエンテーションがありました。

    その挨拶で私は以前に本校英語科特別顧問の安河内先生とも語り合った、本校が求める「グローバル人材」について話しました。

    一つ目は、国や郷土に対する誇りと愛情を持って、世界の人々と接すること。

    それができれば、相手の国や文化に対する理解や尊敬心も深まるという話です。

    文化に優劣はなく、お互いに尊敬し合う。そのような人間関係を築いていけることが大切です。

    二つ目の要素は、「学問としての英語」ではなく、「ツールとしての英語」を身につけることが要だという話です。

    東洋大学グローバルコース新入生の皆さんには、ぜひともこの二つの力を身につけるよう努力を積み重ねてほしいと願っています。

    明日から、河口湖で「Enjoy English Camp」が始まります。

    「ツールとしての英語」を身につけるよいスタート、大いに楽しみましょう!

  • ある卒業生の話

    3月10日(金)に高校の卒業式を挙行しました。

    式終了後に一人の卒業生が、校長室を訪ねて来て、次のような話をしてくれました。

    「私は今年の受験で早稲田大学を目指したのですが、得点が1点足らず不合格になりました。三つの大学に合格したのですが、浪人して目標を達成したい」という話でした。

    また、こんな話もありました。

    「高2の3学期は英語の偏差値が30台でしたが、朝の英語音声活動に一生懸命取り組み、今では偏差値が70まで上がりました。」

    まるで1学期に本学園で講演していただいた菅なな子さんと同じようにミラクルな話です。

    私はこの話を聞いて直感的に「失敗は成功につながる」と思いました。

    彼女は来年目標を達成すると感じました。

    「失敗」とは、最大限の努力をしながらも、残念ながら目標を叶えられなかった結果を指します。

    しかし、それはとても尊い行為です。

    「成功」とは、「失敗」の果てに高い志と日々の挑戦によってたどりつけるものなのです。

    受験生の皆さんも結果を恐れず、全力で頑張ってほしいと思います。

    この話を3月24日(金)の中学校卒業式で話したいと考えています。

  • 入試を迎えるにあたって

    受験生の皆さんは、入試を目前にして、きっと緊張したり、不安を抱いたりしているのではないでしょうか。

    そんな受験生の皆さんへ、私からメッセージを送ります。

    • 皆さんがこれまでに取り組んできたことを思い出してみてください。
    • ―日々、机に向かってはげんできたことに自信をもってください。
    • 皆さんが積み重ねてきた努力が、きっと良い結果へと導いてくれるはずです。
    • 4月を迎え、新しい制服に身をまとった自分の姿を想像してみてください。
    • 新しい教室、そして、新しい友達や先生との出会い、希望に満ちた学校生活が皆さんを待っています。

    今、大切なのは、緊張や不安な気持ちを吹き飛ばし、リラックスして自信をもつスイッチをオンにすることです。

    受験では、これまでで一番の成果を残すことよりも、皆さんが本来もっている力を発揮することが何よりも大切です。

    入試当日は、気持ちを落ち着かせて、自分を信じて臨んでください。

    皆さんに笑顔あふれる春が訪れることを

    本学園教職員一同祈っています。

  • KEPTと「みらい論文」

    【麹町学園オリジナルの英語4技能統一試験“KEPT”で活性化する言語活動】

    麹町学園では、中間・期末試験で、全学年統一フォーマットとして
    採り入れている英語4技能試験“KEPT”については先日も触れましたが、
    “KEPT”導入によって、生徒たちの日ごろの様子にも変化が見られます。

    まず、“KEPT”の大きな特徴は、英語における4技能(聞く力・話す力・読む力・書く力)を
    均等に評価する点にあります。

    なかでも「話す力」に関しては、評価の対象を「授業への取り組み」、「i Loungeの活用」
    として点数化するのが、これまでの英語教育と大きく異なるポイントです。

    ※i Lounge・・・ネイティブの教員が常駐し、楽しみながら英会話・国際交流ができる教室

    当初は、「定期テストの点数をもらうためにi Loungeへ行く」という生徒が多かったのですが、
    これをきっかけにi Loungeへ足を運ぶケースが増えてきました。

    英語はいうまでもなく「言語」です。だからこそ母国語と同じように常に使っていないと
    身についていかないのです。伸び盛りの中高時代に「常に英語を話せる環境」は、生徒たちが
    本物の英語力を磨くうえで欠かせないものです。

    将来、彼女たちが世界に羽ばたいていく姿を想像すると、いまから私も胸が躍ります。

     

    【「みらい論文」の取り組み紹介 ~ディズニーのプリンセスにおける「ジェンダー」の考察】

    「ディズニープリンセス」……この言葉は生徒たちにとってテンションが上がる響きのようです。
    (私は『アナと雪の女王』の主題歌が大好きです)

    さて、本学園のキャリア教育「みらい科」の一環として作成する「みらい論文」(中3から高1までの
    2年間で1万字)で、ディズニープリンセスをテーマに研究した生徒がいます。(6/28の中学説明会で
    発表してくれました)

    彼女によれば、「ディズニープリンセス」は時代によってキャラクターの描かれ方が違うそうです。

    たとえば、1950年代以降に描かれた『シンデレラ』や『白雪姫』は素敵な王子様を待つ(≒受け身)
    プリンセス、1990年代に描かれた『アラジン』のジャスミンや『リトル・マーメード』のアリエル
    は「自分で結婚相手を選ぶ」(≒主体性に富んだ生き方)プリンセスだと、多角的な論拠を示しながら
    分析していました。つまり、女性の生き方の変化(より主体的かつ多面性を帯びた生き方)は、時代に
    発展をもたらしているのですね。

    なるほど!私自身も気がつかない、はっとする切り口のプレゼンテーションで、とても感心しました。
    麹町学園の生徒たちが、「豊かな人生を自らデザイン」し、そしてどのような時代を創っていくのか、
    みらいが楽しみでなりません。

  • 麹町学園の新たな教育

    本学園では 、“VIVID Innovations KOJIMACHI”という次代を見据えた構想を掲げ、中高6ヵ年の教育課程において、高い英語力と多様な学力「みらい型学力」を身につけ、「多様化する社会に自信をもってはばたき、そのステージで鮮やかな輝きを放つ女性」を育成する取り組みをこの4月よりスタートし、生徒も教職員も意気を高め取り組んでいます。

    この教育改革を進めた理由は、2020年よりスタートする新しい大学入試への対応はもちろん、グローバル化や多様化に拍車がかかると予想される社会において、本学園の生徒一人ひとりが未来を切り拓くために、確かな学力、粘り強い心としなやかな対応力を磨き、そして進路の保証をさらに充実させるためでした。

    「3コース制」や諸活動を通して、生徒一人ひとりの多様性を最大限に引き出し、それぞれが挑戦する喜びにふれながらの学びを大切にし、生徒一人ひとりにとってベストな選択をしうる中高6ヵ年一貫教育を推進しています。

    ただ本改革は、まだ序章に過ぎません。引き続き、生徒一人ひとりの未来と笑顔のため、教職員が一丸となって、魅力ある取り組みと進路保証をさらに発展させて参ります。今後も、本学園のさらなる教育改革にご期待ください。

    【東洋グローバルコース新設について】(平成29年4月 高校入学生の募集スタート)

    保護者の皆さんも感じたことはないでしょうか。「中学生から必死に勉強してきたけど…英語?…話せません。」

    現在、日本には英語が話せる、という社会人はおよそ28%程度しかいないそうです。お恥ずかしい話、私もそんな社会人のひとりです。

    グローバル化が進み、これからますます変化していく世の中では、どのような分野に進むにしても、英語によるコミュニケーション能力は必要不可欠となってきます。

    本学園の生徒たちは、どんな変化にも対応できる力を身につけて欲しいと願い、“VIVID Innovations KOJIMACHI”【「みらい型学力」を身につけ、英語の4技能を高める「アクティブイングリッシュ」をはじめ、キャリア教育「みらい科」やグロールプログラム(異文化理解につながる国際交流や海外体験、留学制度の充実) 】と題し改革に着手し、その実践を推進してきたわけです。

    なお、時代の変化の背景となっているグローバリゼーションへのニーズをひもときますと、私たち私立学校の使命もまた多様性を増していることを痛感しています。

    本校独自の取り組みに加え、新たな発想や価値を生むための教育環境を再構築することも本学園が担うべき変化だと考えました。つまり、ある種の緊張感の持続(大学受験というハードルを越えることをモチベーション向上につなげる)による学びとは別に、生徒たちがが、自らの将来(社会人像)を視野に入れながらも高大通算7ヵ年のスクールライフを謳歌するという価値の提示とその実現です。「高大連携」という教育スタイルのなかで、大学受験をせず、「世界とつながり、新たな価値を創造できる自立した人材」をめざす教育も、時代から求められていると我々は感じていました。

    そんな折、このたびスーパーグローバル大学である東洋大学との「学校間教育連携協定」の締結が実現し、麹町学園女子高等学校は2017年4月入学生の、高校募集をスタートいたしました。

    この連携によって、高校1年生から大学4年生までの、充実した7年一貫教育が実現します。

    「東洋大グローバルコース」と名付けた本コースの生徒は、原則として受験をせず、東洋大学へ進学することができます。学部学科も、もちろん本人の希望により選択していきます。(これまでに関東では例の無い画期的なスタイルです!)

    麹町学園でしっかりと学修の地盤を固め、生徒が本当に価値のある、有意義な大学生活を過ごすことができる、そんな環境を実現させていきます。

    本学園、全ての生徒の輝かしい未来のため、これからも進化し続ける麹町学園(生徒の笑顔のために情熱を注ぐ教職員)にご期待下さい。

    ※高校募集についての詳細は、7/9(土)14:00より実施致します高校説明会についてご説明させて頂きます。

    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    > 東洋大学グローバルコース

  • 「麹町学園の次なるステージ~本学園英語科特別顧問・安河内哲也氏のメソッドによる『最新英語教育』が今年4月よりスタート!!そして、麹町学園高等学校は東洋大学と学校間教育連携の協定を結びました。」

    私が女子教育に携わってきた40年のキャリアの中で大切にしてきたものが3つあります。

    1つ目は、「伝統」。これは、永い時間の中で単に作られるというものではなく、創立者の「建学の精神」を教職員はもちろん、生徒が連綿と受け継ぎ実践することで、卒業生をも含めた横と縦のつながりによって醸成されるものです。麹町学園の「伝統」が培ってきたものは、人間らしい「温もり」です。

    2つ目は「同窓会」が紡ぐスピリット。これは少々説明が要りますが、私が初担任を務めた生徒たちは現在50代となりましたが、彼女たちの同窓会は毎年行われ、現在も続いています。生徒時代のたった数年の関わり合いが、その後何十年もの「つながり」となっているのです。

    そして、彼女たちと過ごすひと時は懐かしくも楽しいものなのですが、それだけではありません。同窓会に集う女性は、かつての生徒であったわけですから、時にはかなり「耳の痛い」話も飛び出します。「今の生徒たちは……!」という激や、「向上心が足りない」、「覇気がない」など様々な想いの込もった苦言ですが、それらは耳を傾けざるを得ないエールでもあります。

    つまり、学校というものは常に「活気」に満ちた場でないとダメなのです。なまじ伝統のある学校は、ともすれば惰性に陥りやすい傾向を持っています。それを案じて諫めてくれるのが卒業生であり、同窓会がなせる妙行なのです。

    3つ目は、「生きる力」です。私は昭和50年に教師となり、振り返ってみますと、女子教育の在り方も変わりました。そして、最高学府として大学に求められる教育力も大きく変わりました。現在では日本のみならず、世界中が急激な変革のウェーブの中にあり、教育の果たすべき使命は「変化に対応して生きる力をしっかりとその身につけさせること」であると私は考えます。

    そうした信念ともいえる思いを持って、麹町学園では全国に先駆けての教育改革を進めて参りました。そして次代を見据えた英語教育の再構築を進めていた折に、文部科学省「英語教育の在り方に関する有識者会議」の委員である安河内哲也氏と出会いました。

    本学園の英語科の熱意に賛同いただき、麹町学園英語科特別顧問としてお力添えをいただくことになりました。そして氏の監修によって、「使える英語」を習得するための「朝の音声活動」、「4技能バランス型の評価体系=KEPT※」などの画期的な取り組みを、今年の4月より中学1年生から高校3年生までの全学年でスタートしました。

    (※KEPT:Kojimachi English Proficiency Test)

    多様化とグローバル化するこれからの社会を考えますと、生徒一人ひとりの進路の保証は私学の使命であることは論をまちません。そこで私は7年間の高大教育連携の必要性を痛感し、本学園がめざす教育のさらなる発展を期して、その実現に努めて参りました。

    本学園の教育改革に対して、真摯に耳を傾けてくださり、その願いに応えてくださったのが、東洋大学【スーパーグローバル大学(タイプBグローバル牽引型)】でした。そして、このたび麹町学園高等学校と東洋大学との「学校間教育連携」の協定を結びました。

    麹町学園の教育は、みらいを見据えて着実に次なるステージに向けた歩みを進めて参ります。

    > 東洋大学グローバルコース

1 2 3