保健室より

在校生・保護者の方Guardian

保健室目標 自分の体は自分で守る

保健室の利用について

  1. 学校でおこった病気やケガ、相談の時、遠慮せずにご利用ください。
  2. 保健室で行うのは応急処置です。帰宅後、必要に応じて専門医の診察、治療を受けてください。
  3. 朝、家を出る時に体調がすぐれない場合は必ず家庭で手当てして登校しましょう。
  4. 小さいケガは自分で手当てをしましょう。ただし、出血が多い場合や、腫れや痛みのひどい時は遠慮せず申し出てください。
  5. 保健室では与薬はしていません。理由はアレルギーのある生徒が急増していること、体調によって飲みなれている薬も副作用等の危険が伴うことがあるからです。
    どうしても薬が必要な生徒は自分にあった薬を携帯してください。保健室で持病の薬などを預かることができます。

出席停止について

生徒が感染症に罹患した場合、あるいは罹患している疑いのある場合に対して出席停止措置をとります。この場合、欠席扱いにはなりません。対象となる感染症に罹患した場合、あるいは罹患している疑いがあると診断された時は、速やかに学校(担任または養護教諭)に連絡してください。学校から所定の「治癒証明書」を渡します。(下記からもDLできます)
出席停止扱いとなる感染症の治癒後、登校するには医師による「治癒証明書」(学校指定が望ましい)が必要です。必要事項を記入していただき、担任に提出してください。

出席停止となる感染症一覧 治癒証明書

日本スポーツ振興センターについて

学校管理下(通学路や部活動等も含む)時に負傷・疾病に係る医療費、これらの負傷または疾病により身体に障害が残った場合に障害見舞金等が支払われる制度です。
詳しくは保健室または日本スポーツ振興センターのHPでご確認ください。

日本スポーツ振興センターHP