学習サポート
について

教育の特色Education

学習に集中できる環境整備

自習室の確保

生徒は、自分の学習状況(学習の手法、学習にかけた時間等)に十分納得することで、自信を持って次の学習段階に進んでいき、伸びていきます。麴町学園では、集中できる学習空間として、自習スペースを多く設けています。
図書室内とマルチメディアラウンジには自習コーナーを多く設置し、個室感覚で一人ひとり学習に集中できるよう仕切りのある学習机を導入しています。また、図書室の入口には、カフェスタイルの学習スペースを設けています。
また、職員室前にも多くの机・イスを用意しています。朝や放課後の自習の他にも、先生に勉強などの質問をするために設けられているスペースで、毎日先生と生徒の会話があります。
このように、様々な学習環境を整備し、自習への集中力をサポートします。自宅では勉強に集中できない人や、勉強のためだけのスペースがほしいという人にとって、最適の学習空間です。

職員室前
図書室
カフェラウンジ

アクティブスペース

1Fカフェテリアの一部は、自由に動かせる机とイス・ホワイトボードのように使える移動式ボード・黒板代わりになるテレビが設けられたスペースがあります。思考型授業で使用することはもちろん、部活や委員会のミーティング、さらにはボードを使用した自習など様々な活動が出来るスペースを設けています。

プロジェクター

生徒が6年間過ごす教室にも、学習をサポートする設備を設けています。
全教室にプロジェクターを設置しています。資料画像や動画を用いた説明でスムーズな理解を深めたり、電子黒板として使用するなど、授業での効果的な学びを行うための環境があります。
教員はiPadを持っており、ICT機器を使用した授業の研究をおこなっています。

学習サポート体制

英語・数学については基準を設け、それに到達していない生徒を対象にして、週1回の補習や学期末には特別指導を行っています。また、他教科においても、特別課題などを与え、基礎学力の定着を図っています。
また、国語・数学においては、成績上位者向けの講習を行っています。ほかにも、夏期講習(全学年)、春期講習(高校)、英検対策、英語ワークショップ(中1・2)などのサポートがあります。夏期講習や春期講習はほぼ全員の生徒が受講しています。
以上のような豊富なラインナップの講習・補習が用意していますので、予備校や塾に通わなくても、進学に対応できる体制を整えています。