中学
教育の特色

教育の特色Education

教育の特色

麴町学園が目指す大きなテーマは「生徒の自立」。それぞれの成長段階での学びの効果をより高めるために、中高6年間を2年ごとに区切って取り組んでいます。そして、カリキュラムは、個々の進路に合わせ、充実したものになっています。

中1・中2 習熟度別授業

英語と数学の授業において、時期をみて習熟度別授業をおこないます。AEクラスは英語の授業において、よりハイレベルな内容となります。

中3 コースを設置

中学3年からコースを設置します。さらに高校2年からは文系、理系に分かれて進みます。

GA・SAプレコース

高等学校から開始する「GAコース」「SAコース」への進学準備として、中学3年次に設置したコースです(希望制)。ネイティブが学年をサポート。原則全員が海外留学を行います。留学後、高校1年生で全員が英検2級取得をめざします。

GA・SA・Aコース <高1~高3>

GAコース<グローバルアクティブコース>(英語特別進学)

国際的な場で働くことも視野に入れ、英語力をより一層磨きたいという生徒を対象にしたコースです。高3までネイティブがコースをサポートします。

SAコース<スペシャルアクティブコース>(特別進学)

グローバルな環境における活躍を意識しながらも、より高い学力を身につけ、国公立大、難関大など大学選択の幅を広げ、多様な分野で活躍したいという生徒を対象にしたコースです。高校以降は講習を充実させ、より受験学力を磨きます。

Aコース<アクティブコース>(進学)

グローバルを意識しながらも、難関私大受験を視野に入れ、多様な分野で活躍したいという生徒を対象にしたコースです。高大連携型プログラム、新しい大学入試に対応した柔軟なカリキュラムと豊富な選択授業・体験学習で、生徒一人ひとりの進路を保証します。

基礎期(中1・2)の取り組み

中学校生活を始めるにあたって、小学校とはまったく違う環境になります。
特に勉強面では、各教科ごとに進め方や勉強の仕方にそれぞれの教科の特異性が出てきます。宿題も小学校よりは増えていきます。一番大きな変化は試験のスタイルかと思われます。
また、女の子は中学生になり、自分の考えを強く主張をしたくなる時期を迎えます。その際に、友達とぶつかることも親に反抗することも当然でてきます。

それらの不安や悩みをもった生徒を、本校は教員が一帯となって見守る体制が整っています。本校はよく、「教員と生徒の間の距離が近い」と言われます。別にお友達という感覚というわけではなく、コミュニケーションがしっかりとれている学校であるという意味です。そして、親御さんとも電話等で連絡を密にとることで、学校と協力をしてお嬢さまを育てていくというスタイルが出来上がっています。

「当たり前のことが当たり前に出来るように」

基礎期(中1・2)には、生活習慣・学習習慣を定着させるため、あいさつや掃除などの指導や、宿題や提出物を細かく点検を行います。「当たり前のことが当たり前に出来る」大人の女性になるよう指導を重ねています。

このような指導をするため、本校で長年実施しているのが「日々の学習の記録」通称日々学です。
生徒は、毎日の生活や勉強の記録を記入していきます。毎朝担任に提出し、担任は点検して終礼で返却します。

毎日、どのような生活習慣で過ごしているのか等をこちらでチェックし、また、保護者からのコメントをも記入していただき、学校と家庭が協力をして、勉強面や生活面の情報を共有し、生活習慣や自学の質(学習の計画性や手法、学習時間など)の向上をサポートしています。1つの教科に偏って勉強していたり、スマホの時間やTVの時間が長い等、問題点を面談のときに話し、改善をさせていきます。

そのなかで、担任や各教科担当は、「ほめる」「フォローする」を大切にし、生徒一人ひとりが失敗を恐れずトライする環境づくりに努め、生徒自身が十分に納得する取り組みをしながら成功体験を積み、着実に伸びていく好循環へと導いています。
この基礎期での生活習慣・学習習慣の定着が、「みらい型学力」の育成・グローバル人材への成長につながっていきます。